規 約

目的:口腔ケアの知識、技術の普及、質の向上を通じて国民の福祉のために貢献することを目的とする。

  1. 日本口腔ケア学会が実施する口腔ケアアンバサダー認定試験に合格すれば、口腔ケアアンバサダーに認定され、口腔ケアアンバサダーの名称を使用することができる。
  2. 口腔ケアアンバサダーに認定された場合は、日本口腔ケア学会の準会員として登録される。
  3. 日本口腔ケア学会に入会を希望する場合は、入会申し込みを提出し、会費を支払い(入会金は免除する)、学会の承認があれば、正会員として登録される。
  4. 口腔ケアアンバサダーの上位資格として、1級から5級の口腔ケア認定制度がある。ただし、級制度の取得を目指す場合は日本口腔ケア学会の正会員である必要がある。
  5. 日本口腔ケア学会においては、口腔ケアアンバサダー委員会が認定の細則作成ならびに実施を担当する。

附 則

  1. 本認定制度の実施と並行して日本口腔ケア学会は、我が国の口腔ケアの向上に努める。
  2. 口腔ケアアンバサダー試験は、基本的にCBTにて行うが、アンバサダー委員会が許可をすれば、口腔ケア関連の講習会後などに筆記にて行うことを可能とする。
  3. 検定料はCBTにて実施の場合、当分の間、6,000円とし、これに登録料を含むものとする。筆記にて実施する場合は、個別に設定する。
  4. 認定期間は、永久とするが、定期的に学会より情報を入手する。
  5. 日本口腔ケア学会会員または準会員として不適切と判断される行為があった場合は、日本口腔ケア学会の認定を取り消し、会員資格を停止、または剥奪する場合がある。
  6. 日本口腔ケア学会口腔ケア認定制度による級を取得した者、または代議員などの上位資格保持者は、自動的に口腔ケアアンバサダーに認定される。